WEBOPIXEL

jQueryでいろいろな要素をストライプ(縞模様)にする。

Posted: 2010.07.15 / Category: javascript / Tag: 

最近テーブルとか、リストなんかをストライプ(縞模様)で表示されてるのとかよく見かけますね。
従来のHTMLでもこのような表現は可能でしたが、一行ごとにマークアップしなくてはいけないので地味に大変な作業でした。
そんな作業もjQueryを使えば簡単にできるみたいです。

Sponsored Link

リスト(li)ストライプをHTMLで作成

jQueryの前にHTML+CSSで作成してみます。
例えばリスト(li)なら2つのクラスを交互に割り当てていけばいいわけです。 クラス名はなんでもいいのですが、わかりやすく、偶数奇数の英語である、「even」「odd」一般的なようです。
ただそのまま訳すと偶数=evenっぽいんですが、jQueryのセレクタでは偶数はoddなので、ややこしいですが偶数に「odd」クラスを割り当てます。

HTML

		<ul class="stripe">
			<li>1番目</li>
			<li class="odd">2番目</li>
			<li>3番目</li>
			<li class="odd">4番目</li>
			<li>5番目</li>
		</ul>
	

CSS

		ul.stripe {
			list-style: none;
		}
		ul.stripe li.odd {
			color: #FFFFFF;
			background: #333333;
		}
	

jQueryを使用して自動的にクラスを割り当てる

「:odd」というセレクターを使用して偶数を指定できますのでaddClassで「odd」クラスを追加するだけです。 ちなみに奇数のセレクターはその逆で「:even」です。

JavaScript

		$(document).ready(function(){
			$('.stripe li:odd').addClass('odd');
		});
	

HTML

		<ul class="stripe">
			<li>1番目</li>
			<li>2番目</li>
			<li>3番目</li>
			<li>4番目</li>
			<li>5番目</li>
		</ul>
	

jQueryを使用すれば自動的にクラスを割り当てることができます。

dl要素をストライプにしてみる。

dl要素の子は通常dt+ddで一組になっていますが、2つの以上の要素をまとめて指定するときはカンマで区切ります。

JavaScript

		$(document).ready(function(){
			$('.stripe dt:odd, .stripe dd:odd').addClass('odd');
		});
	

HTML

		<dl class="stripe">
			<dt>1番目</dt>
			<dd>これは1番目です。</dd>
			<dt>2番目</dt>
			<dd>これは2番目です。</dd>
			<dt>3番目</dt>
			<dd>これは3番目です。</dd>
			<dt>4番目</dt>
			<dd>これは4番目です。</dd>
			<dt>5番目</dt>
			<dd>これは5番目です。</dd>
		</dl>
	

CSS

		dt.odd,
		dd.odd {
			color: #FFFFFF;
			background: #333333;
		}
	

div要素をストライプにしてみる。

構造がちゃんとにしてればリスト以外でも使えたりするんです。

JavaScript

		$(document).ready(function(){
			$('.stripe div:odd').addClass('odd');
		});
	

HTML

		<div class="stripe">
			<div>
				<h3>1番目</h3>
				<p>これは1番目です。</p>
			</div>
			<div>
				<h3>2番目</h3>
				<p>これは2番目です。</p>
			</div>
			<div>
				<h3>3番目</h3>
				<p>これは3番目です。</p>
			</div>
			<div>
				<h3>4番目</h3>
				<p>これは4番目です。</p>
			</div>
			<div>
				<h3>5番目</h3>
				<p>これは5番目です。</p>
			</div>
		</div>
	

CSS

		div.odd {
			color: #FFFFFF;
			background: #333333;
		}
	

要素を個々に数を数える。

たとえばこれまでのやり方だとhtmlの中に2つ「.stripe」が入っていた場合、全体数の奇数、偶数になるのでちょっと奇妙なことになります。

javascript

 
		$(function() {
			$('.stripe tr:odd').addClass('odd');
		});
	

全体で奇数、偶数が割り当てられる

要素毎に奇数、偶数を数えるには次のようにします。

javascript

 
	$(function() {
		$('.stripe tr:nth-child(odd)').addClass('odd');
	});
	

要素毎に奇数・偶数を割り当てた例

COMMENTS

LEAVE A REPLY

コードを書く場合は<pre>で囲んでください。