WEBOPIXEL

Laravelのファイル管理ライブラリ Laravel File Manager

Posted: 2017.07.07 / Category: PHP / Tag: 

Laravelのファイルのアップロードから管理まで一括でできるライブラリ「Laravel File Manager」をご紹介致します。
CKEditorやTinyMCEとの連携もできたりします。

Sponsored Link

Laravel 5.4
を使用します。

機能紹介

アップロードしたファイル一覧で表示。
画像の選択とかフォルダで管理できたり。

Laravel File Managerファイル一覧

トリミングができたり。

Laravel File Managerトリミング

インストール&設定

コンポーザーでインストールします。

$ composer require unisharp/laravel-filemanager

config/app.phpprovidersaliasesに下記を追記します。

config/app.php

'providers' => [
	// ...
	Unisharp\Laravelfilemanager\LaravelFilemanagerServiceProvider::class,
	Intervention\Image\ImageServiceProvider::class,
],
'aliases' => [
	// ...
	'Image' => Intervention\Image\Facades\Image::class,
],

設定フォルダとアセッツを書きコマンドで設置します。

 $ php artisan vendor:publish --tag=lfm_config
 $ php artisan vendor:publish --tag=lfm_public

必要に応じて作成された設定ファイルconfig/lfm.phpを編集しましょう。

ルーターの追記をします。

routes/web.php

Route::get('/laravel-filemanager', '\Unisharp\Laravelfilemanager\controllers\LfmController@show');
Route::post('/laravel-filemanager/upload', '\Unisharp\Laravelfilemanager\controllers\LfmController@upload');

日本語にはローカライズされていないのでresources/lang/vendor/laravel-filemanager/ja/lfm.phpに作成します。
超適当ですが作ってみました。

lfm.php

テキストフィールドでの使用

テキストフィールドで選択ボタンをクリックして、選択した画像ファイルのパスを挿入するみたいなやつです。
入力するbladeテンプレートに下記を追加します。

Laravel File Managerテキストフィールドでの使用した例

fields.blade.php

<div class="input-group">
<span class="input-group-btn">
    <a id="lfm" data-input="thumbnail" data-preview="holder" class="btn btn-primary">
        <i class="fa fa-picture-o"></i> 画像選択
    </a>
</span>
<input id="thumbnail" class="form-control" type="text" name="filepath">
</div>
<img id="holder" style="margin-top:15px;max-height:100px;">

<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery/1.11.2/jquery.min.js"></script>
<script src="//maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.4/js/bootstrap.min.js"></script>
<script src="/vendor/laravel-filemanager/js/lfm.js"></script>
<script>
(function($) {
    $(function () {
        var route_prefix = "{{ url(config('lfm.prefix')) }}";
        $('#lfm').filemanager('image', {prefix: route_prefix});
    });
})(jQuery);
</script>

CKEditorに組み込む

CKEditorの画像プロパティのサーバーブラウザをLaravel File Managerにして、パスをエディタに挿入することができます。

CKEditorに組み込まれたLaravel File Manager

name属性とoldの部分は変更してください。

fields.blade.php

<textarea id="my-editor" name="body" class="form-control">{!! old('body', $post->body) !!}</textarea>
<script src="//cdn.ckeditor.com/4.6.2/standard/ckeditor.js"></script>
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery/1.11.2/jquery.min.js"></script>
<script>
(function($) {
    $(function () {
        var options = {
            filebrowserImageBrowseUrl: '/laravel-filemanager?type=Images',
            filebrowserImageUploadUrl: '/laravel-filemanager/upload?type=Images&_token=',
            filebrowserBrowseUrl: '/laravel-filemanager?type=Files',
            filebrowserUploadUrl: '/laravel-filemanager/upload?type=Files&_token='
        };
        CKEDITOR.replace('my-editor', options);
        $('textarea.my-editor').ckeditor(options);
    });
})(jQuery);
</script>

他にもTinyMCE4とも連携できます。詳しくは下記ドキュメントページを参考にしてください。

Laravel File Manager

LEAVE A REPLY

コードを書く場合は<pre>で囲んでください。