WEBOPIXEL

jQueryでテーブル(table)を操作する小回り系コード5種

Posted: 2011.08.31 / Category: javascript / Tag: 

テーブルを操作するのに大掛かりなことはプラグインがいろいろありますのでそちらを使うとして。
ここでは、わりと細かいことをjQueryでやってみます。

Sponsored Link

demo

html

始めに操作するべきテーブルを用意します。
ごくごく普通のテーブルですね。

html

	<table class="table01">
		<tr>
			<th>商品名</th>
			<th>入荷日</th>
			<th>価格</th>
		</tr>
		<tr>
			<td>椅子</td>
			<td>2011-08-01</td>
			<td>&yen; 2,800</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>机</td>
			<td>2011-08-08</td>
			<td>&yen; 6,800</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>本棚</td>
			<td>2011-09-03</td>
			<td>&yen; 9,800</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>ベッド</td>
			<td>2011-09-11</td>
			<td>&yen; 16,800</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>自転車</td>
			<td>2011-09-21</td>
			<td>&yen; 98,000</td>
		</tr>
	</table>
	

1.テーブルをストライプ模様にする

テーブル+javascriptといったらこれってくらいよく使われるのではないでしょうか。
まずは基本のストライプ模様にするです。

javascript

		$(function() {
			$('.table01 tr:odd').addClass('odd');
		});
		

「odd」は奇数という意味で、「even(偶数)」というセレクターもあります。
ただjQueryでは0から数えるとかなんとかで奇数・偶数が逆になります。

あとはcssをこんな感じにします。

css

		table tr.odd td {
			background: #FFFFE8;
		}
		

「background」で直接色を変更する方法もありますが、「addClass」でクラスを割り当てて色などはcssで指定した方があとあと修正が楽だと思います。

テーブル個別に数える

上記のやり方だとテーブル全体で数えるので複数テーブルがある場合ストライプが2つめ以降ずれてしまう場合があります。
すべてのテーブルを同じ順番でストライプしたい場合は下記のようにします。

javascript

		$(function() {
			$('.table01 tr:nth-child(odd)').addClass('odd');
		});
		

列でストライプにする

行は「tr」でしたが「td」にすると列になります。

javascript

		$(function() {
			$('.table01 td:nth-child(odd)').addClass('odd');
		});
		

2.指定列にクラスを追加する

たとえば価格の列だけ右揃えにしたいとか、この列だけ中揃えにしたいとかありますよね。
その場合1列分「td」にクラスを割り当てます。
先ほど使った「nth-child(Xn)」はX個おきに適用するセレクタなので、「nth-child(2n)」「nth-child(3n)」とすれば2,3列目を指定できます。
しかし1列目を選択したいと思って「nth-child(1n)」とかすると1個おきとなるので当然全て指定されていまいますね。
その場合はtrの数だけ繰り返してtdの一つ目(0)にクラスを割り当てればいけます。

javascript

	$('.table01 tr').each(function(i){
		$('td',this).eq(0).addClass('over');
	});
	

3.マウスオーバーで色を変える

マウスオーバーされた行だけ色が変わるとわかりやすいことがありますね。
行なら「tr」のhoverに設定すればいいだけなので簡単です。

javascript

		$(function() {
			$('.table01 tr').hover(
				function(){
					$(this).addClass('over');
				},
				function(){
					$(this).removeClass('over');
				}
			);
		});
		

縦列の色も変える

横+縦でクロスさせてマウスオーバーさせる場合は前述の列にクラスを適用と組み合わせます。

javascript

		$('.table01 td').hover(
			function(){
				$(this).parent().addClass('over');
				var currentNum = $(this).index();
				$('tr',$(this).parent().parent()).each(function(i){
					$('td',this).eq(currentNum).addClass('over');
				});
			},
			function(){
				$(this).parent().removeClass('over');
				var currentNum = $(this).index();
				$('tr',$(this).parent().parent()).each(function(i){
					$('td',this).eq(currentNum).removeClass('over');
				});
			}
		);
		

「.parent().parent()」となってあまりよくない感じですね。もっと良いやり方があるのではないかと思います。

4.連番IDの列(カラム)を追加する

列を追加して自動的に連番を割り当てる方法です。

javascript

	$('.table01 tr').each(function(i) {
		if(i != 0) {
			$(this).prepend('<td>'+ i +'</td>'); 
		} else {
			$(this).prepend('<th>id</th>'); 
		}
	});
	

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

jQueryでテーブルに連番idの列(カラム)を追加する

5. 一定の数値ごとに色を変化させる

サンプルの表には価格の項目があるので、この価格が3000円以下、10000円以下、それ以上という条件で色を変化させてみます。

javascript

	$('.table01 tr').each(function() {
		//3番目のカラムを取得
		var price = $('td', this).eq(2).text();
		//価格を数値に変換
		price = price.replace(/,|\¥ /gi,'');
		if (price < 3000) {
			$(this).addClass('level1');
		} else if (price < 10000) {
			$(this).addClass('level2');
		} else {
			$(this).addClass('level3');
		}
	});
	

今回は価格に「¥ 」と「,」が入っていたので4行目の正規表現でこれらを取り除いています。
プレーンな数値でしたらこの処理は必要ありません。

LEAVE A REPLY

コードを書く場合は<pre>で囲んでください。