WEBOPIXEL

CSS3のFlexboxでグリッドレイアウトしてみる

Posted: 2017.02.28 / Category: HTML&CSS / Tag: 

Flexboxベースのグリッドシステムもいろいろで出てきている昨今でありますが、整理も兼ねて一度挑戦してみたいと思います。

Sponsored Link

単純な横並び

row というクラスの div の中に col というクラスの div を並べます。
クラスの命名には行を表す row と、列を表す col がよく使われています。

HTML

<div class="row">
	<div class="col">col</div>
	<div class="col">col</div>
	<div class="col">col</div>
</div>

CSSは row に display:flex を指定します。
col の width は 100% にします。

CSS

.row { display: flex; }
.col { width: 100%; }

これだけで横サイズぴったりに納まります。
今回は div は3つだけですが、4つでも5つでもこのスタイルで大丈夫です。Flexすごい!
省略していますが、サポートブラウザによってはプレフィクスを付与してください。

マージン・溝を設定する

divとdivの間を開けたいといったことはよくありますね。
マージンを設定してみましょう。

間隔を空けたい場合は margin-left を設定します。
col に空けたい数値を入れ、row には同じ値をマイナス値で入れます。

CSS

.row {
	display: flex;
	margin-left: -20px;
}
.col {
	width: 100%;
	margin-left: 20px;
}

レスポンシブに対応する

やっぱり最近はレスポンシブな作りにしなくてはいけませんね。
メディアクエリで狭い画面のときは1カラムにしてみましょう。

CSS

@media screen and (max-width: 540px) {
	.row { flex-wrap: wrap; }
}

flex-wrap:wrap を指定することで col に指定した width:100% が生き横並びしなくなります。

レスポンシブのときカラム数を制御する

小さい画面の時も2列や3列にしたい時があります。
基本的には col のサイズを指定することになります。

CSS

@media screen and (max-width: 540px) {
	.row { flex-wrap: wrap; }
	.col-sm-50 {  width: 50%;  }
	.col-sm-40 {  width: 40%;  }
	.col-sm-33 {  width: 33.33333333%;  }
	.col-sm-20 {  width: 20%;  }
	.col-sm-10 {  width: 10%;  }
}

HTML

<!-- モバイルでは2分割 -->
<div class="row">
	<div class="col col-sm-50">col</div>
	<div class="col col-sm-50">col</div>
	<div class="col col-sm-50">col</div>
	<div class="col col-sm-50">col</div>
</div>
<!-- モバイルでは3分割 -->
<div class="row">
	<div class="col col-sm-33">col</div>
	<div class="col col-sm-33">col</div>
	<div class="col col-sm-33">col</div>
	<div class="col col-sm-33">col</div>
	<div class="col col-sm-33">col</div>
	<div class="col col-sm-33">col</div>
</div>

rowから分割数を指定

均等の分割なら親の row で分割数指定した方がスマートに書けそうですね。
あと calc を使えば計算もしてくれます。

CSS

@media screen and (max-width: 540px) {
	.row-sm-blocks-2 > .col { width: calc( 100% / 2); }
	.row-sm-blocks-3 > .col { width: calc( 100% / 3); }
	.row-sm-blocks-4 > .col { width: calc( 100% / 4); }
}

HTML

<!-- モバイルでは2分割 -->
<div class="row row-sm-blocks-2">
	<div class="col">col</div>
	<div class="col">col</div>
	<div class="col">col</div>
	<div class="col">col</div>
</div>

レスポンシブのときマージン・溝を設定したい

最後にレスポンシブのときもマージンを設定しています。
これは col に calc でマイナス値を追加するだけです。

CSS

.row {
	display: flex;
	margin-left: -20px;
}
.col {
	width: 100%;
	margin-left: 20px;
}
@media screen and (max-width: 540px) {
	.row { flex-wrap: wrap; }

	.col-sm-50 {  width: calc( 50% - 20px ); }
	.col-sm-40 {  width: calc( 40% - 20px ); }
	.col-sm-33 {  width: calc( 33.33333333% - 20px );  }
	.col-sm-20 {  width: calc( 20% - 20px );  }
	.col-sm-10 {  width: calc( 10% - 20px );  }

	.row-sm-blocks-2 > .col { width: calc( (100% / 2) - 20px ); }
	.row-sm-blocks-3 > .col { width: calc( (100% / 3) - 20px ); }
	.row-sm-blocks-4 > .col { width: calc( (100% / 4) - 20px ); }
}

もっと上手いやり方があるかもしれませんが、以上です。