WEBOPIXEL

Laravel8でCMSを作るチュートリアル(3) 管理画面でCRUD機能作成編[2020年版]

Laravelロゴ

Posted: 2020.12.13 / Category: PHP / Tag: 

Laravel8を使用して、コーポレートサイトでよくありそうなのお知らせを管理するCMSを作るチュートリアルの3回目です。
前回は認証機能を作成したので今回は管理画面で投稿の管理機能(CRUD)を作ります。

Sponsored Link

作る機能

  1. 投稿一覧&詳細ページ
  2. 管理画面へのログイン機能
  3. 投稿管理(CRUD)機能
  4. ユーザーと投稿の関連付け(多対一:HasMany)
  5. 投稿のタグ分け(多対多:ManyToMany)

Postコントローラーの雛形を作成

管理画面のコントローラーから作っていきます。
makeコマンドで雛形を作りましょう。

$ php artisan make:controller Back/PostController -r

ルーターの設定

作成したコントローラーにアクセスできるようにルーターの設定をします。
フロントではindexとshowしか使用しなかったのでonlyで限定しましたが、管理画面ではshowだけ使用しないのでexceptで指定します。

routes/back.php

Route::resource('posts', 'PostController')->except('show');

一覧画面の作成(index)

一覧画面から作っていきます。
コントローラーはフロント画面とほとんど同じです。

Http/Controllers/Back/PostController.php

namespace App\Http\Controllers\Back;

use App\Http\Controllers\Controller;
use App\Models\Post;

class PostController extends Controller
{
	/**
	 * 一覧画面
	 *
	 * @return \Illuminate\Contracts\View\View
	 */
	public function index()
	{
		$posts = Post::latest('id')->paginate(20);
		return view('back.posts.index', compact('posts'));
	}

	// ...
}

一覧のビューです。
新規・編集・削除に繊維するボタンがあるだけでここもほとんどフロントと変わらないですね。
削除は画面がないので、formを埋め込んでそのまま削除できるようにしています。

resources/views/back/posts/index.blade.php

<?php
$title = '投稿一覧';
?>
@extends('back.layouts.base')

@section('content')
<div class="card-header">投稿一覧</div>
<div class="card-body">
	{{ link_to_route('back.posts.create', '新規登録', null, ['class' => 'btn btn-primary mb-3']) }}
	@if(0 < $posts->count())
		<table class="table table-striped table-bordered table-hover table-sm">
			<thead>
				<tr>
					<th scope="col">ID</th>
					<th scope="col">タイトル</th>
					<th scope="col" style="width: 4.3em">状態</th>
					<th scope="col" style="width: 9em">公開日</th>
					<th scope="col" style="width: 12em">編集</th>
				</tr>
			</thead>
			<tbody>
			@foreach($posts as $post)
				<tr>
					<td>{{ $post->id }}</td>
					<td>{{ $post->title }}</td>
					<td>{{ $post->is_public_label }}</td>
					<td>{{ $post->published_format }}</td>
					<td class="d-flex justify-content-center">
						{{ link_to_route('front.posts.show', '詳細', $post, [
							'class' => 'btn btn-secondary btn-sm m-1',
							'target' => '_blank'
						]) }}
						{{ link_to_route('back.posts.edit', '編集', $post, [
							'class' => 'btn btn-secondary btn-sm m-1'
						]) }}
						{{ Form::model($post, [
							'route' => ['back.posts.destroy', $post],
							'method' => 'delete'
						]) }}
							{{ Form::submit('削除', [
								'onclick' => "return confirm('本当に削除しますか?')",
								'class' => 'btn btn-danger btn-sm m-1'
							]) }}
						{{ Form::close() }}
					</td>
				</tr>
			@endforeach
			</tbody>
		</table>
		<div class="d-flex justify-content-center">
			{{ $posts->links() }}
		</div>
	@endif
</div>
@endsection

新規登録画面(create)

新規登録画面は入力フォームを登録するだけのでコントローラーの処理はないです。

Http/Controllers/Back/PostController.php

public function create()
{
	return view('back.posts.create');
}

フォームは登録と編集共通で同じになるので、共通のファイルとして作ります。

Bootstrapは隣接要素にis-invalidクラスを指定しないとエラーを表示しないところがややこしいんですよね。
ということで(?)、チェックボックスとか見た目に関してはある程度妥協していきます。

resources/views/back/posts/_form.blade.php

<div class="form-group row">
	{{ Form::label('title', 'タイトル', ['class' => 'col-sm-2 col-form-label']) }}
	<div class="col-sm-10">
		{{ Form::text('title', null, [
			'class' => 'form-control' . ($errors->has('title') ? ' is-invalid' : ''),
			'required'
		]) }}
		@error('title')
			<div class="invalid-feedback">
				{{ $message }}
			</div>
		@enderror
	</div>
</div>

<div class="form-group row">
	{{ Form::label('body', '内容', ['class' => 'col-sm-2 col-form-label']) }}
	<div class="col-sm-10">
		{{ Form::textarea('body', null, [
			'class' => 'form-control' . ($errors->has('body') ? ' is-invalid' : ''),
			'rows' => 5
		]) }}
		@error('body')
			<div class="invalid-feedback">
				{{ $message }}
			</div>
		@enderror
	</div>
</div>

<div class="form-group row">
	{{ Form::label('is_public', 'ステータス', ['class' => 'col-sm-2 col-form-label']) }}
	<div class="col-sm-10">
		@foreach([1 => '公開', 0 => '非公開'] as $key => $value)
			<div class="form-check form-check-inline">
				{{ Form::radio('is_public', $key, null, [
					'id' => 'is_public'.$key,
					'class' => 'form-check-input' . ($errors->has('is_public') ? ' is-invalid' : '')
				]) }}
				{{ Form::label('is_public'.$key, $value, ['class' => 'form-check-label']) }}
				@if($key === 0)
					@error('is_public')
						<div class="invalid-feedback">
							{{ $message }}
						</div>
					@enderror
				@endif
			</div>
		@endforeach
	</div>
</div>

<div class="form-group row">
	{{ Form::label('published_at', '公開日', ['class' => 'col-sm-2 col-form-label']) }}
	<div class="col-sm-10">
		{{ Form::datetime('published_at',
			isset($post->published_at)
				? $post->published_at->format('Y-m-d H:i')
				: now()->format('Y-m-d H:i'),
		[
			'class' => 'form-control' . ($errors->has('published_at') ? ' is-invalid' : '')
		]) }}
		@error('published_at')
			<span class="invalid-feedback" role="alert">
				<strong>{{ $message }}</strong>
			</span>
		@enderror
	</div>
</div>

<div class="form-group row">
	<div class="col-sm-10">
		<button type="submit" class="btn btn-primary">保存</button>
		{{ link_to_route('back.posts.index', '一覧へ戻る', null, ['class' => 'btn btn-secondary']) }}
	</div>
</div>

コントローラーから読み込むcreate.blade.phpで先ほどの_form.blade.phpをインクルードします。

resources/views/back/posts/create.blade.php

<?php
$title = '投稿登録';
?>
@extends('back.layouts.base')

@section('content')
    <div class="card-header">{{ $title }}</div>
    <div class="card-body">
        {{ Form::open(['route' => 'back.posts.store']) }}
        @include('back.posts._form')
        {{ Form::close() }}
    </div>
@endsection

バリデーションの作成

createからstoreにデータをポストして保存するのですが、そのまま保存しようとするとDBに保存できない値の場合エラーで止まってしいます。
そのようなことを起こさない為に予め保存できる値が検証(バリデーション)する必要があります。
Laravelのバリデーションは色々な実装方法がありますが、今回はリクエストファイルを作成します。

makeコマンドでファイルの雛形を作ります。

$ php artisan make:request PostRequest

作成したファイルを次のように編集します。
ログインメッセージのカラム名の日本語はlangファイルに記述しましたが、このようにリクエストファイルのattributesに書くこともできます。

app/Http/Requests/PostRequest.php

<?php

namespace App\Http\Requests;

use Illuminate\Foundation\Http\FormRequest;

class PostRequest extends FormRequest
{
	/**
	 * Determine if the user is authorized to make this request.
	 *
	 * @return bool
	 */
	public function authorize()
	{
		return true;
	}

	/**
	 * Get the validation rules that apply to the request.
	 *
	 * @return array
	 */
	public function rules()
	{
		return [
			'title' => 'required|max:2',
			'body' => 'max:1000',
			'is_public' => 'required|numeric',
			'published_at' => 'required|date_format:Y-m-d H:i',
		];
	}

	/**
	 * @return array
	 */
	public function attributes()
	{
		return [
			'title' => 'タイトル',
			'body' => '内容',
			'is_public' => 'ステータス',
			'published_at' => '公開日',
		];
	}
}

登録処理(store)

登録処理はstoreメソッドに記述します。
先ほどのPostRequestをインポートして引数にすることでバリデーションエラーがあった場合入力画面に戻る処理を自動的にしてくれます。

app/Http/Controllers/Back/PostController.php

namespace App\Http\Controllers\Back;

use App\Http\Controllers\Controller;
use App\Models\Post;
use App\Http\Requests\PostRequest;

class PostController extends Controller
{
	// ...

    public function store(PostRequest $request)
    {
        $post = Post::create($request->all());

        if ($post) {
            return redirect()
                ->route('back.posts.edit', $post)
                ->withSuccess('データを登録しました。');
        } else {
            return redirect()
                ->route('back.posts.create')
                ->withError('データの登録に失敗しました。');
        }
    }
}

createに成功するとtrueが返ってくるので成功したら編集画面にリダイレクト、それ以外は登録画面にリダイレクトするということをしてます。

例外処理も入れた方が良いかもしれませんが、今回は入れない方向でいきます。

フラッシュメッセージの表示

リダイレクトしたときに設定しているwithSuccesswithErrorはフラッシュメッセージを表示するものなのですが、まだ表示するようになっていないので作成しましょう。

次のようにコンポーネントを作成します。
ここもBootstrapなので少しややこしくなっていますが、カスタムでテンプレートを作成しているのであれば、フラッシュステータスとスタイルのクラス名を合わせておいた方が楽ですね。

resources/views/components/back/alert.blade.php

@php
$flashStatus = [
	'success' => 'success',
	'error' => 'danger',
];
@endphp
@foreach($flashStatus as $key => $value)
	@if (Session::has($key))
		<div class="alert alert-{{ $value }}">
			{{ session($key) }}
			<button type="button" class="close" data-dismiss="alert" aria-label="Close">
				<span aria-hidden="true">&times;</span>
			</button>
		</div>
	@endif
@endforeach

レイアウトファイルにコンポーネントを配置します。

resources/views/components/back/layouts/base.blade.php

<main class="py-4">
	<div class="container">
		<div class="row justify-content-center">
			<div class="col-md-12">
				<x-back.alert />
				<div class="card">
					@yield('content')
				</div>
			</div>
		</div>
	</div>
</main>

コンポーネントの使い方は下記記事も参考にしてください。

Laravel7で新しくなったコンポーネントの使用方法

編集画面(edit)

編集画面引数で受け取った値をそのままビューに渡します。

app/Http/Controllers/Back/PostController.php

public function edit(Post $post)
{
	return view('back.posts.edit', compact('post'));
}

新規登録の場合は空なのでForm::openを使用しましたが、編集の場合は元のデータがあるので、Form::modelを使います。
あとは、送信先をupdateに、メソッドをputにしましょう。

resources/views/back/posts/edit.blade.php

<?php
$title = '投稿編集';
?>
@extends('back.layouts.base')

@section('content')
<div class="card-header">投稿編集</div>
<div class="card-body">
	{!! Form::model($post, [
		'route' => ['back.posts.update', $post],
		'method' => 'put'
	]) !!}
	@include('back.posts._form')
	{!! Form::close() !!}
</div>
@endsection

更新処理(update)

更新処理はupdateメソッドを使用します。
やってることはstoreとほとんど変わらないですね。

app/Http/Controllers/Back/PostController.php

public function update(PostRequest $request, Post $post)
{
	if ($post->update($request->all())) {
		$flash = ['success' => 'データを更新しました。'];
	} else {
		$flash = ['error' => 'データの更新に失敗しました'];
	}

	return redirect()
		->route('back.posts.edit', $post)
		->with($flash);
}

削除処理(destroy)

最後は削除です。
deleteでレコードの削除をすることができます。

app/Http/Controllers/Back/PostController.php

public function destroy(Post $post)
{
	if ($post->delete()) {
		$flash = ['success' => 'データを削除しました。'];
	} else {
		$flash = ['error' => 'データの削除に失敗しました'];
	}

	return redirect()
		->route('back.posts.index')
		->with($flash);
}

これで投稿のCRUD機能を作ることができました。
「admin/posts」にアクセスして投稿の一覧を表示して各機能が動作するか確認してみてください。
次回はモデル同士と繋げるリレーションを利用してユーザーと投稿の紐付けを行います。

ソースコードはGitHubに置いてます。

LaravelMiniCMS2020