WEBOPIXEL

Laravel5 ジェネレーターパッケージ laravel-api-generator

Posted: 2015.06.22 / Category: PHP / Tag: 

Laravel5でScaffoldする為のパッケージlaravel-api-generatorのご紹介

Sponsored Link

インストール&準備

composer.json に下記を追記してupdate

composer.json

"require-dev": {
    ・・・
	"mitulgolakiya/laravel-api-generator": "1.3.*"
}
    

$ composer update

次にconfigの設定

config/app.php

'providers' => [
	・・・
	'Illuminate\Html\HtmlServiceProvider',
	'Laracasts\Flash\FlashServiceProvider',
	'Mitul\Generator\GeneratorServiceProvider'
],
'aliases' => [
	・・・
	'Form'  => 'Illuminate\Html\FormFacade',
	'Html'  => 'Illuminate\Html\HtmlFacade',
	'Flash' => 'Laracasts\Flash\Flash'

],
    

ターミナルで下記を実行。

$ php artisan vendor:publish --provider="Mitul\Generator\GeneratorServiceProvider" --tag=config

ジェネレートする

フィールドの設定

「fields.json」を作成してどこかに保存します(ここではルートに保存します)
このファイルにフィールドの設定をします。

fields.json

[
    {
        "field":"title:string",
        "validations": "required"
    },
    {
        "field":"body:text",
        "validations": ""
    }
]
	

あとは下記コマンドで実行するだけです。

$ php artisan mitul.generator:scaffold Article --fieldsFile="fields.json"

これでコントローラーとかビューとか色々作成されているはずです。

jsonファイル指定しなければ対話式に設定できます。

mitulgolakiya/laravel-api-generator

LEAVE A REPLY

コードを書く場合は<pre>で囲んでください。