WEBOPIXEL

HTML(WebView)ベースのiPhoneアプリ作成方法

Posted: 2015.06.10 / Category: iOS 

iOSのUIWebViewという機能を利用して、HTML+CSSベースiPhoneアプリを作ってみます。

Sponsored Link

Storyboardでの設定

今回はタブタイプのアプリにしますので「Tabbed Application」を選択。

左側のファイルリストで「Main.storyboard」を選択すると下図のような画面になります。
右側の「Show the Object Libraly」から「Web View」をドラッグして配置します。

ドラッグした「Web View」を選択した状態で、右下の△アイコンから「Add Missing Constraints」を選択します。
これで「Web View」が丁度画面に収まるようになります。

右上の画面分割アイコンをクリックして、WebViewから「FirstViewController.swift」に右ドラッグします。
ポップアップ表示されたら「webView」とします。

これでStoryboardの設定は完了です。

すでにアップロードされているHTMLを読み込む

Swiftのコードを編集して、すでに公開されているHTMLを表示してみましょう。

FirstViewController.swift

class FirstViewController: UIViewController {

    @IBOutlet var webView: UIWebView!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        
        var targetURL: String = "http://www.example.com/"
        let requestURL: NSURL = NSURL(string: targetURL)!
        let req: NSURLRequest = NSURLRequest(URL:requestURL)
        webView.loadRequest(req)
        webView.scalesPageToFit = true
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}
    

追加したのは9〜13行目です。
「targetURL」には読み込むURLを入れます。

これだけでとりあえずWebを表示できるはずです。

HTMLを内部に組み込む

「SecondViewController」にはアプリ内に組み込んだHTMLを表示してみましょう。
「Resources」フォルダを作成して、あらかじめ作成したHTML+CSSファイルを左のファイルリストにドラッグします。

「viewDidLoad」を下記のように変更します。

SecondViewController.swift

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

    let path = NSBundle.mainBundle().pathForResource("index", ofType: "html")!
    let url = NSURL(string: path)!
    let urlRequest = NSURLRequest(URL: url)
    webView.loadRequest(urlRequest)   
}
    

その他カスタマイズ

スクロールさせない

一画面に納めたい場合はスクロールさせない設定があります。

xxxViewController.swift – viewDidLoad

// スクロール禁止
webView.scrollView.scrollEnabled = false
// バウンス禁止
webView.scrollView.bounces = false
    

タブの色設定

タブの色を変更したいときは「AppDelegate.swift」の「func application」に下記を追記します。

AppDelegate.swift

func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
        // Override point for customization after application launch.
        
        UITabBar.appearance().tintColor = UIColor.whiteColor()
        UITabBar.appearance().barTintColor = UIColor.blackColor()
        
        return true
    }
    

これで2つのhtmlを切り替えるタブアプリができました。
この時点ではHTMLの比率は少ないですが、簡単な表示だけならあとはHTMLやCSSだけでいい感じにできそうな気がします。

参考サイト
swiftでwebViewアプリを作ってみた

LEAVE A REPLY

コードを書く場合は<pre>で囲んでください。